スポンサードリンク


日焼け止めクリームの使用期限って守ってる?酸化物が肌に悪影響


日焼け止めクリームの使用期限って?1年前の物も使えるの?


1年前に買った日焼け止めがまだ半分残っている…。
これって、まだ使えるの?
それとももう効き目がないの?

こんな思いをしたことってきっと誰でもありますよね。
日焼止めは、夏場の使用は多いけれど
冬になると夏場ほどは使わなくなるので、
どうしても余ってしまうのです。


余っていたら、使ってしまわないと
もったいない!と思いますよね?



日焼止めクリームや乳液の使用期限について
調べてみました。

・未開封時は3年
・開封後は1年


が大まかな目安です。

日焼止めには、パラベンなどの防腐剤が入っています。
クリームは使用をしていると、どうしても雑菌が入ってしまいます。
防腐剤はそういう菌がはいったとしても、
繁殖しないようにするために化粧品類には入れられています。

防腐剤は、そのクリームを使い切るのに設けられた
使用期限内に効果を発揮する量しかいれられていないので、
使用期限を過ぎると防腐剤の効果は半減していきます。



しかし、パラベンなどの防腐剤は肌に良くないため、
敏感肌や赤ちゃんの日焼け止めなどには不使用のものも
販売されています。


防腐剤不使用ということは、保存期間も短く、
使用期限を過ぎた物は雑菌などが繁殖しやすい状態になっています。

さらに、食べ物でもクリームでも酸素にふれると
かならず、「酸化」が起こります。

去年のクリームだと、かなりの酸化が進んでいるのです。
酸化したものを体内に取り込んだり、肌に塗ったりするというのは、
体自体が酸化されやすくなって、老化しやすくなるのです。



日焼止めクリームに入っている紫外線防止剤は、
開封しても月日がたっても効果はそこまで薄れるものではありませんが、
酸化しているものを使うのは絶対に良くないのです。


酸化している日焼け止めを使うくらいなら、
安くても酸化していない新しい日焼け止めを使う方が
肌にも絶対よいです!


| 日焼け止めの基礎知識
スポンサードリンク

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。